値段見なくて大丈夫!圧倒的なコスパ「とりいちず」でベロンベロン

映画「プリティ・ウーマン」の主人公ビビアンが買い物をするシーンみたいに、値段を見ずに買い物をしたい!

それって憧れますよね〜!

ということで、今回は、圧倒的なコスパで私が最近虜になっている居酒屋「とりいちず」を紹介します。

ここでならば、値段を見ずに注文できるのです!

はっきり言って一人5000円握りしめていけば、ほぼ間違いなく満腹まで飲んで食べられると思います。

私も昨日行きましたけど、ビール4杯飲んで、食べまくり、一人1800円という恐ろしい会計金額を叩き出しましたよ!

飲み放題・食べ放題もいいけれど、時間制限があるから。とにかくお金を気にせずにゆっくり飲みに行ける居酒屋って嬉しいですよね!一人5000円以下であれば、ビビアンみたいにパトロンは必要なし!自分のお金で気ままに飲み食いできる!これぞ最高の贅沢なのです。

昨日もたくさん飲んだから、今日は二日酔い・・・飲みすぎにはご注意ですよ!

さて、私がオススメのとりいちずの、さらに私がオススメのメニューを紹介します。

「とりいちず」のオススメメニュー

まずはサックリと、とりいちずのオススメメニューを紹介します。

とにかくコスパが良くて美味しいメニューばかりですよ!

これだけ頼めばいいよ!と声を大にして言いたいくらいです。

まずは飲み物から。

飲み物はとにかく安いの一言ですが、とりいちずでまず驚くのがビールの安さ!

プレミアムモルツが199円という、これって赤字だよね?と疑ってしまうお値段なんです!

199円は決して小さなグラス1杯ではないのです!中ジョッキくらいの大きさがあるから、またびっくりなのですよ。

さらに、内容量が3.2倍になるどデカというサイズもありますが、これが550円という他の居酒屋の生ビールくらいのお値段なんです。

どデカのメリットは、とにかく量が多い!大ジョッキ以上の大きさがあるので、おかわりしなくて良いのがメリットですね。

個人的にはそれほど飲むペースが早くないのであれば、199円の通常のジョッキを飲むのがオススメ。どデカのビールは途中でぬるくなってくるから・・・。

とにかく生ビールが1杯199円という安さなので、10杯飲んでも2000円。とりいちずの素晴らしいコストパフォーマンスはここから始まるのです。

ビールと一緒に頼むのがオススメなのが、このスピードメニュー。どれも280円。スピードで出てきます。

しかし、280円と侮ってはいけないのです。

まずオススメしたいのが、こちらの砂肝とザーサイの中華ナムル280円。

砂肝とザーサイ、もやしにネギ、大葉やミョウガなどの薬味もたくさん入っている、おつまみにぴったりのメニュー。

写真だと大きさがわかりにくいですが、どんぶり茶碗くらいの大きさに入ってくるので、ボリュームも十分。

砂肝の量も串2本くらいは入っているのでは?という大容量なのです。

ラー油の味付けでピリ辛なので、ピリ辛好きには嬉しい!とりいちずに行ったら、毎回必ず頼むメニューです。

個人的にオススメなのがチャンジャ280円。事前に言っておきたいのは、味は普通です。

普通に美味しいチャンジャが280円で食べられるお店はあまりないですね。さらに、他の居酒屋で出てくる量の2倍くらい入っていることがとっても嬉しい!

私は大のチャンジャ好き。これだけでずっとビールで飲んでいられるほどですよ!チャンジャ好きにはオススメ!

とにかくこの「とりいちず」は、どのメニューも安いけど、量をケチケチしていないところが素晴らしいのです。

そして、これがとりいちずの看板メニュー。秘伝かわ串70円。これがまたとても美味しい!

カリカリに揚げた鶏皮に甘辛いソースがかかっていて、最高にビールに合う!

鶏皮はヌルヌルして苦手、と言う人でも大丈夫!カリカリになっているので、ヌルヌルしません。タレの味もとっても美味しいんですよ。

1本単位で頼めるので、少し食べてみてから追加していくのもアリですね。

カリカリ、ジュワーで、ビールをごきゅっと飲めば、もう最高の夜です!

次にオススメなのが、こちらの鶏パイタン麺。

鶏パイタン麺はスープが濃厚で、鶏の旨味がぎっしり詰まっていて、とっても美味しい!

もう締めのメニューかよ!と思った方、ちょっと待ってください。

そうではないのです。この鶏パイタン麺を最後に食べて欲しいので、最後まで余力を残しておいて欲しいのです。

だからこそ、早めに紹介しちゃうわけです。これはスープを一口飲んだら虜になること間違いなしのメニュー。

次にオススメしたいのが、鶏の塩もつ煮込み280円。

このモツ煮は、鶏肉の様々な部位とネギを入れたシンプルなモツ煮。塩味なので、さっぱりかと思いきや、旨味がぎゅっと入っているので、満足感があるのです。

おそらく鶏パイタンスープと同じスープで煮ているのだと思うのだけれど、これも是非頼んで欲しい!

しかも280円という激安価格。

そして、追加でオススメしたいのが、鶏生ハム炙り刺し380円。

鶏肉がしっかり分厚く切ってあって、量もたっぷり。少し塩気が強いけれども、お酒によく合うんですね。

これもハム好きにはオススメのメニューです。

最後に鶏とアボカド380円。

アボカドたっぷり、鶏肉たっぷりで食べ応え抜群。どんぶり茶碗の大きさの器にしっかりと盛り付けて出てくるので、2〜3人で分けて食べるのがオススメ。

上にかかっているドレッシングもとても美味しい。

「とりいちず」の頼まなくても良いメニュー

さて、上のオススメメニューだけでも十分お腹いっぱいになると思うので、とにかくそれだけ頼めばいいよ!と声を大にして言いたいです。そのくらい上のメニューはオススメ。

とはいえ、他のメニューも気になると思うので、順番に紹介しますね。

スピードメニューに入っている、ポテトサラダ280円。これは、とりいちずで唯一頼まない方が良いメニュー。頼まなくて良いのではなく、頼まないようが良いメニューです。

量は少なく、サラダはドロドロ。味も特に美味しくないです。

焼き鳥。焼き鳥は、食べたければ頼んでも良いと思うメニュー。

部位によってお値段が違います。値段は79円〜と安め。大きさはそれほど大きくないです。

味は普通なので、食べたい部位があれば、頼んでも良い、普通の焼き鳥です。

つくね2本で380円。

これも正直、普通の味でした。もちろんまずいわけではなく、普通に美味しいので、食べたい方は頼むと良いと思います。

伝説の手羽唐」チキンボーン 1本59円。写真の左の商品。

これも普通に美味しいくらいでした。1本から頼めるが良いですね。味が薄めなので、秘伝のパウダーをかけて食べたほうが良いと思います。

とりいちずで押している自家製の豆腐。冷奴380円。絹ではなく木綿豆腐なので、少しボソボソ感があります。

ボリュームはあるけど、味は普通かなと言った印象ですね。380円だとコスパもそれほど良いとは感じませんでした。(他のコスパが良すぎるだけかもしれない)

唐揚げ2個280円。4個だと480円。

これも普通に美味しいけど、普通の範囲を出ないかなというのが個人的な感想。

唐揚げが美味しい居酒屋って結構たくさんあるので、基準が高くなっているのかもしれないですね。ボリュームは大きめですが、コスパは普通だと感じます。

串揚げ。1本79円〜。個人的にうずらが好きなので、頼んだけれども、全体的に味は普通ですね。

串カツが食べたいなら頼むのは良いと思います。

ランチでお試し

少し辛口かもしれないけれども、周りにたくさん焼き鳥屋さんがあって、そこと比べてしまうとどうしてもこういう評価になってしまうのです。

とはいえ、しょっちゅうお邪魔しています。とりいちず、大好きですから。

ランチもやっているので、気になる方はランチで試してみるのも良いかもしれないですね。

ランチのコスパもとっても良い!

とりいちず、楽しんでくださいね〜!!