最新のドミトリー「ゲストハウス海風」 最後の晩餐 すみ汁最高!

那覇市の最終日はモノレールの県庁前駅から徒歩1分とだいぶ近いドミトリー「ゲストハウス海風」に泊まりました。

このゲストハウス海風ですが、安い上に清潔かつ快適でかなりオススメです。

立地が良いことも文句なしです。

上の写真がゲストハウス海風の看板です。

看板だけ見ると、一見古風というか、一昔前(昭和)を感じます。(私だけでしょうか?)

入り口もまるで雑居ビルのようです。

初めて泊まるドミトリーはどんなところなのかな、と入るたびにドキドキします。

中へ入ってびっくり。

かなり最新の作りで、清潔、広い、そしてインターナショナルな顧客層なのです。ザ・近代風ドミトリーです。

中の写真を撮るのを忘れたのですが、ゲストハウス海風のサイトを見てもらえれば、中の様子がわかります。

ゲストハウス海風

まさにここに写っている写真通りの綺麗な空間なのです。

2階から上が全てドミトリーのようで、収容人数もかなりの数になると思います。部屋も鍵によるオートロック式です。

お値段は1泊1380円と激安です。(女性専用ドミトリールームのシングルベッドの料金です)。

県庁前駅からも近く、那覇市の中心街にあるので、夜遊びもできるのは最終日には嬉しいです。

私たちは次の日の午前中のフライトで帰る予定だったので、できる限り駅に近く(空港へ行きやすく)、かつ最後の晩さんができるように中心街に宿を取りたいということで検索して見つけたドミトリーです。

シャワー室もトイレも清潔です。若干シャワー室の数が少ない気もしますが、私がはいりたいタイミングは他の人と被っておらず、快適に使用することができました。

このドミトリーは、泊まって正解でした!次に那覇へ行った際にもこのドミトリーに泊まりたいなと思いました。

最後の晩餐は県庁前駅近くのなかむら屋

最終日の夕食は、ドミトリーからも近く県庁前駅近くにある「なかむら家」という居酒屋さんで食事をとることにしました。

食べログでの評判が良かったのが決め手です。食べログって便利ですよね。

17時30分くらいの結構早い時間にお邪魔をしたのですが、すでに席は7割くらい埋まっており、そのあとも続々と人が入り、すぐに満席になりました。

人気店だったようです。

最終日の夕食ということで、まずはビールで乾杯です!

オリオンビールもこれで飲み納めかな、なんて思いながら、ぐびーっっといきます。

暑い日に冷たいビールって最高ですよね!!あー美味しい!!

そしてもちろん定番で私の大好物である「島らっきょう」。

実はこれ、美味しくて美味しくて、そして名残惜しくて2皿食べてしまいました・・・食べ過ぎ・・・ですかね。

もちろん海ぶどうもいただきます。

プチプチしていて、新鮮で美味しいんですよね。つけダレがまたよく合うんです。

当分海ぶどうも食べられないと思うと・・・名残惜しくて・・・。

もちろんの定番、フーチャンプルーもいただきます。

島らっきょう、海ぶどう、フーチャンプルーは私にとって沖縄料理で絶対に欠かせない三種の神器のようなものです。

さらには、天ぷらもいただきます。

もりもり食べるぞ!本日は上限なし!

ということで、本日オススメのお魚の煮付けをいただきます。

沖縄のお魚の煮付けってどのお店も優しいお味でとても美味しいのです。

こちらは、隣のサラリーマンのお兄さんに「美味しいよ!」と勧められた魚のフライです。

パリパリサクサクで、肉はふわっとして美味しいのです。

塩気がお酒にピッタリなんてですよね!

そしてこれ!これが衝撃の「すみ汁」です。

こちらも隣の席のサラリーマンのお兄さんに勧めてもらったのですが、最高に美味しくてびっくりしたので紹介です。

黒い汁、「すみ汁」、そうなのです、イカスミの汁なのです。

ギュギュギュっと魚介の旨味が濃縮されていて、とっても美味しいのです。

見た目ほどクセのないお味。お味噌汁とはまた違うのですが、お酒に合うんですよね。

中に少しだけイカも入っていますが、出汁のきいた汁を純粋に楽しむのです。

「これは頼んで正解!」と大喜びでサラリーマンのお兄さんにお礼を言いました。

あーすみ汁、美味しかったなぁ、また食べたい!

沖縄へ行った方は、ぜひすみ汁食べてみてください!!

最高に美味しいので、かなりオススメです。

この日はビールをたくさん飲み、たくさんご飯を食べ、明日は朝早いけど起きれるかな?と若干心配になりながらも、夜遅くまで楽しく過ごしました。

沖縄最高!那覇も最高です!