国頭村で1泊 ペンション与那覇岳 沖縄家庭料理が味わえる宿

国頭村で1泊しました。ペンション与那覇岳を紹介します。

こちらのペンション与那覇岳ですが、もちろん私の大好きなbooking.comで予約をしました。

国内の場合は、booking.comよりも国内の旅行会社の方が安い場合も多いです。実際にレンタカーは楽天トラベルで予約をしております。(レンタカーは楽天トラベルが種類も豊富で便利でした。)

いろいろなサイトを見て、自分に合うサイトから宿を探すことがオススメです。

今回のペンション与那覇岳は、できる限り北部で宿を探していて見つけた宿です。沖縄の北部って意外と宿が少ないのです。そして、北部は広いので、ドライブをしているだけでもあっという間に時間が過ぎてしまいます。

さらに沖縄の、しかも田舎の方は飲食店が閉まる時間が早いですよね。

国頭村あたりでおいしそうなお店を探しましたが、なかなか遅い時間まで開いているお店がなかったので、料理付きのプランが選べるペンション与那覇岳に宿泊することを決めました。

ペンション与那覇岳は、広い敷地と複数のコテージの素敵な宿

ペンション与那覇岳は、一言で言って終えば、ペンションという名の通りの場所です。

宿の前に広いスペースと、見渡す限りの山があります。

この日はあいにく曇り空だったので、薄暗い写真になっていますが、とにかく広いのです。

写真では少し見えにくいのですが、コテージも複数建っています。

私が訪れた時は、宿のおじさんが大工さんと一緒にコテージを修理していました。

私の選んだプランは4人部屋(相部屋)で食事がつくプランです。お値段は1人あたり6600円でした。

近くにはほとんど夜遅くまで開いている食事場所はありませんし、せっかく旅をしてきたのにコンビニ弁当というのも味気ないよね、という話になり、「せっかくだし沖縄の家庭料理を食べてみたい」とこのペンションを選びました。

敷地にはコテージもたくさんあるのですが、私たちは4人の相部屋なので本館に泊まります。

とはいえ、この日は私たちの他に宿泊客もいなかったので、2人で4人部屋を悠々自適に使わせてもらいました。

お部屋の写真は撮り忘れたのですが、いわゆる民宿のような畳の部屋に、布団を敷いて寝るタイプです。

シャワー室もトイレも多少古さはあるものの清潔で使い勝手がとても良かったです。

受付をしてくれたおじさんも人が良い感じの方でした。

たくさんの食事を堪能

広いペンションの敷地も良いのですが、食事がとても良かったので紹介したいと思います。

夕食に出たのは、お魚の煮付けです。

受付をしてくれたおじさんが作ってくれたのですが、優しい味でとても美味しいんです!料理上手だなぁ〜なんて感心してしまいました。

沖縄は島国だからか魚も美味しいんですよね。一緒に添えてあるお豆腐にも味が染み込んでいて美味しかったです。この煮魚は1人につき1皿でましたよ。贅沢ですね。

こちらは、お肉とタマネギを炒めたものです。

お肉は、おそらくイノシシのお肉です。牛肉や豚肉と比べるとイノシシのお肉は若干癖がありますが、これも旅の醍醐味ですし、美味しかったです。

沖縄の現地の人が食べているイノシシ肉、食べてみたかったので大喜びで食べてしまいました。

そしてソーセージとブロッコリーを炒めて、上にとろけたチーズが乗った野菜炒めもいただきました。

こちらも美味しかったです。

もちろんご飯とお味噌汁もつきます。お味噌汁は自由におかわりしてね、と優しい言葉をかけてくれたペンションのおじさん。

とにかく食事の量が多くて、「女性なのによく食べるね」と言われる私でも食べきれない量が出ました。

沖縄の家庭料理を食べられて大満足です。

外でのんびり食事をするのも楽しそう

とにかくこのペンションは広いです。

夕食も翌朝の朝食(こちらも美味しかった!)も食堂でいただいたのですが、天気が良ければ外で食べても美味しそうだなと感じました。

こんな素敵な机と椅子が置いてあるのです。

まるでキャンプ場のようですよね。

この場所に近づいてびっくり!

奥は崖のようになっていました。

子供連れの方は注意が必要ですね。

とにかく朝ごはんは美味しく、気持ちの良い広いペンションの敷地、そして優しいおじさんとオススメの宿でした。

帰るときにおじさんが見当たらず、「お金払えないんだけどどうしよう・・・」と5分ほど探し回ったりもしました。

知り合いのおじさんの家に泊まりに来ているような感覚で泊まることができる宿です。

夏休みに家族で来たら最高だろうなと思います。(夏休みはすごく混みそうですが)

ペンション与那覇岳