沖縄の電車(モノレール)と国際通りのDHレンタカー

沖縄の那覇空港に着き、LCC用のターミナルから第1ターミナルへ専用バスで移動します。

そこから那覇市内への移動は、今回はモノレールを使いました。

沖縄へ行くと多くの方がレンタカーを借りると思うのですが、1日目は那覇市内で楽しみ、1泊目は那覇市に泊まろうと決めていたからです。

「久しぶりにモノレールに乗るのもいいよね」と話しながら、モノレールに乗る前に帰りに買うお土産を物色していました。

帰りの飛行機の時間が結構早いので、空港のお土産店が何時からOPENしているのか聞きながら、何をお土産に買うか帰りにバタバタしないようにあらかじめ決めておこうと思ったのです。

那覇空港のお土産屋さんの朝は早く、お店のおばさんに聞いてみると、なんと朝の6時からOPENしているとのこと。

これは余裕だね!!

と思いながら、オススメのお土産を見て回りました。

久しぶりのモノレールの切符は最新QRコード

10年ぶりでしょうか、久しぶりに沖縄のモノレールに乗った私が驚いたのが、切符です。

東京よりも最新!

と言わんばかりの、なんとQRコードを読み込むタイプなのです。

那覇空港から国際通り沿いの駅である牧志駅までは300円です。

東京メトロやJRと比べると少し高いですが、ゆりかもめと同じくらいの値段でしょうか。

やはりモノレールは少し高いのね、なんて思いながら切符を購入します。

切符の使い方がわからない人に向けて親切な使い方案内板も立っていました。

英語はもちろんのこと、中国語や韓国語でも書いてあるので、観光客にも優しい気遣いですね。

那覇空港駅から電車で揺られて23分ほどで牧志駅に到着です。

駅から外に出ると、シーサーがお出迎えしてくれます。

まさに「沖縄に来た!!」ことを感じさせてくれるお出迎えでした。

牧志駅から徒歩0分のDHレンタカー

実は翌日にレンタカーを借りたのは、この牧志駅のシーサーの後ろに写っているビルに入っているDHレンタカーです。

楽天トラベル(レンタカー)Booking.comなどのサイトでレンタカーを検索すると、たくさんのレンタカー店が出てくると思いますが、今回は楽天トラベル(レンタカー)で借りました。

日本国内のレンタカーの場合は、Booking.comは少し割高でお店の数が少ないです。

他にもレンタカーサイトはたくさんありますが、楽天トラベル(レンタカー)が一番安いように思いました。

約5日間のレンタルで、お値段12,100円です。

車種はコンパクトクラス 乗用車 / コンパクト、そして禁煙者でカーナビとETC付きです。

実は沖縄でレンタカーを借りる場合には、那覇空港付近にあるお店で借りた方が2,000円〜3,000円くらい安いです。

しかし、国際通り付近のドミトリーは当たり前ですが、駐車スペースはありません。

国際通り沿いのドミトリーから近くて、それで安心なレンタカー会社はないものかと探し、結局、楽天トラベル(レンタカー)のDHレンタカーに決めました。

沖縄のレンタカーではオリックスレンタカーやタイムズのレンタカーが沢山あるのですが、残念ながら牧志駅から一番近く、さらに10時からやっていて、ちょうど良い車があるレンタカー屋さんがDHレンタカーだけだったのです。

DHレンタカーって何?と私も最初は思ったのですが、このDHは、大和ハウスの略です。大和ハウスの系列のレンタカー会社なのです。そう聞くとなんだか安心してしまうのは私だけでしょうか。

実際に借りた車は、乗ったことのないような最新のエコカーでとても綺麗でした。ナビの設定が英語のままだったので、おそらく事前に借りた方が海外の方だったのでしょう。

走行もスムーズで、燃費も良いのです。

しかしここでトラブルが発生!!

なんと、一緒に行った母が運転免許証を忘れてきたのです。Oh!my god!!

運転免許証は忘れずに!!

結局この時点で5日間、私が車を運転し続けることが決定したのでした。