台湾で電車、地下鉄、バス、自転車を乗りこなす! 交通手段の選び方

台湾で交通手段を制するものは・・・というわけで、今回は私が台湾を1周した際に感じた交通手段の選び方について紹介します。

旅では交通手段をしっかり把握することは必須ですからね。

そしてその際にお得になる方法や間違えやすいポイントなども紹介したいと思います。

台北ではまず悠遊卡(Easy Card)を買うのがオススメ!

台北へ行ったらまずは悠遊卡(Easy Card)を買うことをオススメします。

台北の中を移動する場合、圧倒的に便利なのがMRT(地下鉄)です。夜市へ行くにも、博物館に行くにも、101に行くにも全てMRTを使います。

その時に便利なのが電子カードです。電子カードは2種類あります。悠遊卡(Easy Card)と一卡通(iPass)です。両方とも駅の窓口またはコンビニなどで買うこともできますし、チャージも可能です。

私が使っていたのは悠遊卡(Easy Card)です。

購入費用として100元(1元3.8円計算で380円)かかり、最後に残高を精算したとしても100元は戻ってこないのですが、台湾で電車やバスに何度も乗る人はとってもお得なので真っ先に買うことをオススメします。

なぜなら、台北のMRTは悠遊卡(Easy Card)で精算すると20%OFFになるのです。台中の市内バスは悠遊卡(Easy Card)で支払いすると無料です。高雄のMRTも15%OFF。これだけでもすごくお得なことがわかります。

2泊3日の台湾のツアー旅行などでは必要ないと思いますが、個人旅行の方は絶対に持っておくべきです。

上の写真が悠遊卡(Easy Card)です。かわいいデザインですよね。

実は悠遊卡(Easy Card)と一卡通(iPass)どちらを買うべきなのか迷い、2つの違いがわからず駅員さんへ聞いたところ「i Passはたくさんチャージしても最後に精算できないから、悠遊卡(Easy Card)の方がオススメだよ」と言われました。

一卡通(iPass)も残高が精算できるようなことがガイドブックには書かれているのですが、駅員さんが悠遊卡(Easy Card)の方が良いというなら悠遊卡(Easy Card)で良いかなと安易な気持ちで悠遊卡(Easy Card)を選びました。もちろん買う前に悠遊卡(Easy Card)が台中や台南、高雄など他の都市で使えることも確認済みです。

最後にMRTでは飲食厳禁です。これはついつい飲んだり食べたりしないように注意が必要です。罰金を取られるのも勿体ないですよね。

台北、台中、台南、高雄、花蓮などの移動は高速鉄道で

台北から台中へ行ったり、高雄から台南へ行ったりなど、長距離を移動する場合に便利なのが高速鉄道です。

高速鉄道も新幹線のようなものから急行のようなものまでいくつか種類がありますが、日本と似たような作りになっているので難しくはありません。

ただそれぞれの電車によってチケットの販売場所やホームが異なるので、少し気をつける必要があります。

①高鐵

これは日本でいう新幹線です。台北と高雄間がを最短96分でつなぐ、まさに鉄道で一番早い電車です。

②自強號

これは日本でいう特急です。台北と台中であれば2時間15分程度で着きます。全席指定なのも便利です。

③莒光號

これは日本でいう急行です。②の自強號よりは遅いですが、こちらも全席指定で乗ることができます。

④區間車

これは日本でいう各駅停車です。ICカードでそのまま乗車もできます。

目的地に合わせてチケットを購入するのが良いです。

これらの電車は日本の新幹線や特急と同じように飲食OKです。車内販売でお弁当やお菓子なども回ってきます。

ただ、お酒を飲んでいる方はほとんどいないので、お酒を飲むのはほどほどにするのがオススメです。

台中ではバスが便利で無料

台中では市内を走るバスを利用するのが便利です。

私が泊まっていたドミトリーでは自転車を無料で貸してくれますし、市内にもレンタルサイクルが沢山あるのですが、道路を走る車が多くて、自転車で走るのがすごく怖いです。

個人的には台中はバスでの移動が便利です。

自分が降りるべき停留所が分かっていれば、あとはそこに行くバスを見つけ出すだけです。バスの停留所も大通り沿いであれば大抵近くにあるので、探して路線図を確認すれば良いだけです。日本と書き方が似ているので読めばなんとなくわかります。

車内では英語でのアナウンスも流れるので、降りる時に困ることがありません。

悠遊卡(Easy Card)で運賃を払うと無料です。乗った時と降りた時に機械へ悠遊卡(Easy Card)をかざせば大丈夫です。無料ってすごいですよね!

ただ一度だけ間違えてバスに乗り、同じバスで戻った時には4元(1元3.8円計算で15.2円)費用がかかりました。この仕組みは良くわかりませんが、とにかく安くて便利です。

嘉義では市バスが安い

嘉義では市區6路バスに乗りました。これは市内循環バスのようなバスで、すごく小さなミニバスです。嘉義駅から嘉義公園まで12元(1元3.8円計算で46円)で行くことができます。

このバスも悠遊卡(Easy Card)が使えるので、便利です。9時、9時30分、10時と30分に1本ずつバスが走っています。乗ってみたら、私たちしか乗客がいなくてびっくりしました。運転手さんには親切にもどこに行きたいのか聞かれました。

どうやら嘉義では観光客はタクシーで移動する人が多いのか、バス停で待っている他のおじさんにも「タクシーで行ったら?」と言われました。

バスに乗る際は悠遊卡(Easy Card)を乗るときと降りるときの2回機械にあてればOKです。悠遊卡(Easy Card)って本当に便利だなと感じました。

區間車は悠遊卡(Easy Card)利用が便利

嘉義から台南、台南から高雄、左營から高雄など、區間車でも1時間程度で行ける距離であれば、あえて區間車を使って移動するのも楽しいです。

區間車とは日本の各駅停車のことです。見た目も中身も日本と一緒ですが、各駅に泊まるので、気になった駅にふらりと降りて観光をしたりすることもできます。

區間車に乗るときは悠遊卡(Easy Card)を使うと、わざわざ切符を買わなくて済むので楽です。

高雄ではMRTとバスをうまく利用

高雄ではMRTとバスをうまく使うのがオススメです。MRTは悠遊卡(Easy Card)だと15%OFFです。

実は高雄で知ったのですが、悠遊卡(Easy Card)は一度だけならマイナスにできるらしいのです。

高雄の橋頭糖廠駅で巨蚕駅まで行くMRTに乗る際に、チャージが18元しか残っていませんでした。巨蚕駅までは34元かかります。

橋頭糖廠駅で悠遊卡(Easy Card)をチャージする機械を探しても、見つかりません。また近くにコンビニもありません。困って駅員さんに聞いたところ、「ここではチャージ出来ないので、巨蚕駅で降りた後、コンビニでチャージしてください。1回だけならマイナスになっても大丈夫なので電車に乗れます」と言われました。

最初は私の英語力が乏しいせいか何を言っているかわからなかったのですが、2回聞いて理解しました。まさかマイナスでもOKなICカードが存在するとは思わず、台湾ってすごいなと思ってしまいました。

悠遊卡(Easy Card)を利用する際は、残高が足りなくても1回だけならマイナスになっても大丈夫だそうです。安心してMRTを利用できますね。

観光地では自転車が便利

観光地では自転車利用がおすすめです。ほとんどの観光地ではレンタルサイクルがありますし、自転車専用道がある場所も多いです。

自転車の方が長距離を移動しやすいということもありますが、自転車専用道で自転車をこぐのは気持ちが良いのでおすすめです。

綺麗な景色を見たり、また途中で興味が湧いた場所によってみたりするにも、バスよりも自転車の方が便利です。

個人的には日月潭は自転車で回ると楽しいと思いました。