台湾でコンビニ(セブンイレブン)へ ビール&美味しいものを紹介

台湾はコンビニ天国です。都市部であればどこに行ってもすぐにコンビニが見つかるくらいコンビニがたくさんあります。主に、セブンイレブン、ファミリーマート、OKをよく見ました。

OKは地元のコンビニのような雰囲気で、入ると地元の強い匂いがします。

コンビニの数の多さ、ジューススタンドには負けますが、その次に多いのでは?と思うほど頻繁に見かけます。

私はセブンイレブンへ行ったりファミリーマートへ行ったりを繰り返していました。(主に水を買いに行くことが多いのですが・・・)

そんな台湾のコンビニ(セブンイレブン)にどんな食べ物が売っているのか、そして味はどんなものなのか気になったので実際に買って食べてみました。

もちろんお酒も欠かせません。

私の大好きなビールも台湾ではどんな味なのか、しっかりと色々な種類を飲み比べてきました。

台湾ビールは安くて美味しい!

まずは台湾ビールから紹介します。

台湾は日本よりも酒税が安いようで、350ml缶のビールが32元〜35元(1元3.8円計算で122円〜133円)で買うことができます。

これはだいぶ安いですよね。

実はコンビニには日本のビールも売られていて、日本よりも少し高い金額を出せば日本のビールを飲むこともできます。

まずは上の2つを紹介します。

右側がスタンダードなビールです。南国のビールは日本のビールに比べると味が薄いことが多く、台湾のビールも味が薄めと聞いていたのですが実際に飲んでみるとそれほど薄い感じはしません。

アルコール度数も4.5%と低いわけでもなく、しっかりと美味しく頂くことができました。

左側は蜂蜜味のビールです。

台湾には蜂蜜やグレープなど様々な味のビールがあり、それを楽しむことができます。

蜂蜜味のビールを飲んだ感想は、思っていた以上に蜂蜜の味が濃いということです。ほのかに蜂蜜が香るという感じではなく、蜂蜜ジュースのアルコールという味でした。

蜂蜜が大好きな方にはお勧めのビールです。

こちらも同じく32元か35元(1元3.8円計算で122円か133円)だったはず・・・。

詳しい金額を記憶していないですが・・・コンビニなので定価販売ですし、ほぼ間違いないはずです。

こちらのお味は、上の写真のCLASSICよりもライトな味で飲みやすいです。特にフレーバーなどは入っていないので、ライトな台湾ビールを飲みたい方にオススメです。ライトと言っても薄く感じるわけではないですよ。母はCLASSICよりもこちらのビールの方が好きと言っていました。

しっかりとビールの味をかみしめたい日はCLASSIC、軽くビールを飲みたい時にはTAIWAN BEERと飲み分けると良いかもしれません。

こちらはグレープ味の台湾ビールです。味はまさにグレープジュース。アルコールの味をあまり感じませんでした。カクテル好きにお勧めですね。

こちらが有名な台湾ビールのマンゴー味です。スーパーで買ったので32元(1元3.8円計算で122円)です。この商品は不思議とコンビニには売っていないことが多いですが、スーパーへ行けば他の味よりも棚で幅を利かせています。

味はマンゴージュースで、個人的にはすごく美味しいと感じました。マンゴー好きにはたまらないですね。

それにしても日本よりもビールが安いですよね。日本の発泡酒並みの安さです。だから街に飲んだくれの人が溢れているかと思いきや、そのような人は全く見かけません。

特急などの電車で飲酒している人も見ないですし、夜屋台に行ってもお酒を飲んで顔を赤くしているような人はなかなか見ないです。

お茶が美味しいので、あまりお酒におぼれる人もいないのかもしれないですね。

ビールのつまみにはこちらのスナックを食べました。

台湾のコンビニには、日本製のポテトチップスやお菓子が大量に売られています。いつでも日本と同じ味が食べられるのですが、日本よりも若干高いような気もします。

台湾に来たからには現地のお菓子を食べたい!ということで現地のスナックらしきものを食べました。このスナックもお酒にピッタリで美味しいです。

コンビニのジュースも美味しい

台湾ではジュースやお茶は是非ジューススタンドで買って欲しいです。

コンビニのジュースも美味しいですが、ジューススタンドのジュースは新鮮でもっと美味しいからです。

美味しいジューススタンドの紹介はこちらの記事をご覧ください。

台湾でタピオカミルクティー ジューススタンドの美味しいメニュー紹介
台湾と言えば、タピオカミルクティーですよね! 私は初めて台湾へ行った時からタピオカミルクティーの大ファンです!黒くてモチモチとした大き...

とはいえ、ジューススタンドが営業していない時間帯にジュースを飲みたくなった時、オススメなのがコンビニのジュースです。

コンビニのジュースも安定の美味しさです。

左が台湾で人気のパパイヤミルク35元(1元3.8円計算で133円)です。ジューススタンドで買うジュースよりはあっさりとした味ですが、十分美味しいです。

私もジューススタンドに行く元気がないけど、パパイヤミルクを飲みたい時にコンビニで買いました。

右が杏仁茶25元(1元3.8円計算で95円)です。杏仁豆腐の味のお茶です。杏仁豆腐が好きな人にはオススメです。こちらも少し薄めの味です。

とにかくパパイヤミルクと杏仁茶を試してみたいという場合にはオススメですが、専門のお店で飲んだ方が好きになってもらえると思います。

セブンイレブンの食事

セブンイレブンでも気になる食べ物を買ってみました。

まずは肉まんです。コンビニの肉まんって本当に美味しいですよね。

上の写真の肉まんは両方とも1個25元(1元3.8円計算だと95円)でした。

右側が普通の肉まんです。味は日本のものよりも肉の割合が多い印象で、油っぽいです。そして肉に噛み応えがあります。味に癖は感じませんでした。香辛料はそれほど入っていないと思います。

日本の肉まんも美味しいですが、台湾の肉まんもかなり美味しかったです。

左側は辛い肉まんです。まるで辛い高菜が入っているような味でした。結構辛いです。

辛いものが苦手な母は、食べながら「ひー!」と叫んでいました。

私はこの左側の辛い肉まんの味が大好きです。是非日本でも売って欲しいです。

上の写真はレンジでチンすると食べられる水餃子です。

12個入って49元(1元3.8円計算だと186円)です。

味はすごく美味しく癖がなく、日本人の口に合うように感じます。日本でも売って欲しいですね。ビールのつまみに最適でした。中に醤油と食べるための爪楊枝のようなものが入っています。

こちらはジャージャー麺です。お値段は70元(1元3.8円計算だと266円)です。

味は私は癖がなく美味しく感じたのですが、一緒に食べた母は「美味しいけど癖のある味」と言っていました。私にはどんな癖があるのかわかりませんでした。とにかく美味しいことには変わりないです。これは私も母も意見が一致しています。

こちらはビーフン65元(1元3.8円計算で247円)です。野菜もたくさん入っていて、香辛料の味は強くなく、とても美味しいです。コンビニって便利ですよね。

台湾のセブンイレブンも日本と同じように頼むとレンジで温めてくれます。

温めてくれた後は、このような袋(?)に入れてくれます。この袋は無料です。

台湾のコンビニではビニール袋が有料なので、無料の袋をできるだけエコにした結果がこれなのでしょうか?安定感があまりなく持っていて少しヒヤヒヤしました。

コンビニへ行く際にはエコバック持参を忘れずに。

エコバックは旅の必需品ですね。最近は男性が持っていても恥ずかしくないタイプのものが人気のようです。