台北駅から桃園空港への行き方 台北駅周辺の安くてオススメ朝食

台北駅から桃園空港への行き方について紹介します。

そして最後に、朝早く空港へ行く方のために、台北駅周辺で朝から買うことができる美味しい朝食を紹介します。

旅行も最終日になると、手持ちの資金がほとんどない状態ですよね。(私だけでしょうか?)空港でクレジットカードを使ってご飯を食べるのも良いですが、最後に現金が50元でもあればかなり美味しい地元のご飯を食べることができるのです。

私たちが実際に買って(空港で)食べて美味しかったメニューを紹介します。(もちろん空港へ行くMRTの中では飲食禁止なので、注意してくださいね。)

スポンサーリンク

桃園空港と台北駅のバス移動

台北駅から空港への行き方、そして空港から台北駅への行き方は2つあります。バスと電車(MRT)です。タクシーは除外しています。

私たちは行き(桃園空港から台北駅まで)はバス、帰り(台北駅から桃園空港まで)は電車(MRT)を使いました。

バスの方が運賃は安いのですが、道路の混雑によって到着時間が変動します。到着日に空港から台北市内へ行くのであれば、多少時間がずれても問題ないですが、帰りの飛行機に乗る際は時間が読めた方が良いのでMRTを使いました。

まずバスについてですが、桃園空港から台北駅まで行く場合には到着ロビーの下の階(確か1F)にチケット売り場があります。

そこから台北駅までのチケットを買い、終点(台北駅)で降りれば良いだけなので簡単です。

運賃は125元(1元3.8円計算で475円)です。

私たちが台北についた時間はすでに夕方を過ぎており、チケット売り場が閑散としていたので、バスチケット売り場は結構分かりにくかったです。近くにいる空港の関係者にバスチケットの場所を聞けば親切に教えてもらえます。「Bus Ticket ,to Taipei Station」みたいな片言の英語でも十分に通じるので安心ですね。

バスのチケットを買うと、バスの停留所ナンバーを教えてくれるので、バスチケットを運転手さんに見せながら乗ります。あとは終点(台北駅)まで行けば良いだけなので、リラックスしてバスに乗ります。桃園空港から台北駅までの所要時間は60分くらいでした。

MRTを使って桃園空港まで行く

次にMRTを使って桃園空港まで行く方法です。台北市内を観光して回るときにMRTをよく利用するかと思いますが、そのMRTではなく、空港へ行く専用のMRTが台北駅から出ています。

乗り場は市内を走るMRT乗り場とは少し離れていて、台鐡やHSRの乗り場の方にあります。駅に案内板があるので、それに従っていけばまず間違いなくたどり着けます。

台北駅にある空港行きのMRT乗り場は、新しく空港のような雰囲気のビルでした。

チケットは160元(1元3.8円計算で608円)です。悠遊卡(Easy Card)を使うこともできますが、切符が可愛いので是非現金で買ってみてください。上の写真のコインが切符です。

電車の絵が描かれていて、チケットの券売機から出てきた時は、思わず近くの駅員さんに「これがチケットなの?」と聞いてしまいました。

このチケットの利用期限は1日なので、その日に使うのであれば早めに買うこともできます。

私たちは先に台北駅でチケットを買い、残りの現金を計算してから朝食とジュースを買いに出かけました。

乗車券(コイン)の使い方は悠遊卡(Easy Card)とほとんど同じで、改札口で悠遊卡(Easy Card)をかざす場所にかざせば良いだけです。降りるときは悠遊卡(Easy Card)をかざす場所にコインをかざし、改札が開いてから、コイン入れにコインを投入するので少し解りにくかったです。

台北駅周辺で買う朝ごはん

台北駅から桃園空港へ行く前に残った現金で朝食と最後に飲みたいタピオカミルクティーを買いました。空港で飛行機の離陸まで時間があるので、台北駅で買ってから空港で食べようと母と話していたのです。

最後に買った朝食は台北駅の目の前の三越の裏手にある老蔡水煎包というお店の肉まんでした。

このお店は販売のみでその場で飲食はできません。今回は空港で食べる予定だった私たちにはぴったりのお店でした。

お店には肉まん以外にも台湾の朝食の定番である豆漿も販売しています。いつもなら豆漿を頼むところなのですが、今回は最後にタピオカミルクティーを飲みたいということで、台北駅の中にある50嵐でタピオカミルクティーを購入済みでした。

老蔡水煎包の肉まんは具材が3種類あります。

肉、春雨とキャベツ、ニラとエビと卵の3種類です。日本の肉まんに比べると一回りほど小ぶりですが、1つ15元(1元3.8円計算で57円)ととても安いです。私たちはちょうど100元弱のお金を持っていたので、一人3つ、二人で6つの肉まんを買いました。

肉が入った肉まんは肉がジューシーで美味しいです。肉以外に余計なものが入っていないのも良かったです。味は八角などの味はなく、日本人にも食べやすいクセのない味でした。

私たちは空港で食べましたが、温かいうちに食べる方が美味しいと思います。

そして肉以外が入った肉まん(肉まんと言っていいのかわかりませんが・・・)です。

春雨とキャベツが入ったものですが、これもすごく美味しいです。こちらも日本で売っていても違和感がないような味で、日本人が好きな味だと思います。

こちらはニラとエビと卵が入ったものです。こちらも美味しかったです。

私たちは最後だったので欲張って一人3つずつ食べましたが、女性であれば2つでも十分だと思います。

個人的には、肉が入ったもの、キャベツと春雨のもの、ニラとエビと卵が入ったものの順番にオススメです。

3つを食べ比べしてみるのも良いと思います。こちらの老蔡水煎包さんは朝の6時からやっているので朝早く空港へ向かう方にもオススメです。

台湾は朝早くから開いている朝ごはん用のお店がたくさんあるのが嬉しいですよね。日本に帰ったら台湾の朝ごはんが恋しくなりそうだなと感じていましたが、今は日本に帰ってまた台湾の朝ごはんが食べたいなと思っています。

また近いうちに台湾に行こうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする