台北の美味しい朝食(豆漿、お粥、焼餅)とスイーツ(豆花、仙草ゼリー)

台北で食べた美味しかった朝食とスイーツを紹介したいと思います。

今回の台湾旅行では、台湾を一周して様々な都市へ行ったのですが、最後の台北の数日間はMRT龍山寺駅の近くのドミトリーやMRT民櫂西路駅の近くのドミトリーに泊まっていました。

この2つの駅を起点にして、お土産をみたり、美味しいものを食べに行ったりしていました。ドミトリーは朝食付きではなかったので、朝食も外で食べていました。

龍山寺駅や民櫂西路駅の辺りに行かれたり、泊まったりされる方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お土産を買いに永楽布業商場へ

母がお土産に布を買いたいということで、永楽布業商場へと行きました。永楽布業商場はMRT北門駅から歩いて5〜10分くらいの場所にあります。

出口(確か2番出口)を出て、高架下にある大きな道の横断歩道を渡り、ひたすらまっすぐ歩いていくと迪化街に着くことができます。

迪化街はお土産のお店なども多く、大道芸人が道でパフォーマンスをしていたりなど、観光客でとても賑わっていました。道を歩いていると日本語がたくさん聞こえてきます。日本人にも人気の観光スポットのようでした。

その迪化街へ入って2分くらい歩くと、右側にある大きな建物が見えます。これが永楽布業商場です。

このビルの中に所狭しと布の問屋さんが入っているのです。布を買いたい方にはオススメのお土産スポットです。

私の母もテーブルライナーにする台湾風の布が欲しいということで楽しそうに物色していました。

日本にない柄の布もたくさんありましたし、旅行客だけでなく地元の人で賑わっていました。

台北の有名店「古早味豆花」で豆花と仙草ゼリーを食べる

迪化街から歩いて10分くらいでしょうか、台北のスイーツ店として日本でも有名な古早味豆花へと行ってきました。

行き方は簡単です。迪化街を出て右へ曲がり、民生西路をひたすら歩くだけで付きます。

看板もわかりやすいですし、お客さんもたくさん入って賑わっているのも分かりやすかったです。

平日の昼過ぎでしたが、店内は7割程度埋まっていました。

持ち帰りではなく店内で食べる列へと並び、メニュー表を眺めます。このお店の看板メニューは「豆花」です。お豆腐に暖かい汁(シロップ)とトッピングがのっているスイーツですね。

ショーケースに入っているトッピングを眺めならが、母と二人で何を注文するか話し合いました。

母が頼んだのは「豆花壹號」50元(1元3.8円計算で190円)です。トッピングにのっているのは大きなタピオカとピーナッツです。台湾はピーナッツが美味しくて有名なので、ピーナッツを注文する人が多い印象を受けます。

お豆腐に甘いシロップ、そしてタピオカやピーナッツが優しい味のスイーツでした。重くないのでペロリと食べられます。豆腐なので美容と健康にも良さそうですし、それほどカロリーが高くなさそうなのが女性には嬉しいスイーツですよね。

私が頼んだメニューは、「關西貳號」70元(1元3.8円計算で266円)です。仙草ゼリーの上に、小豆、ピーナッツ、芋圓がのっています。お好みでコーヒーフレッシュをかけていただきます。上の写真はコーヒーフレッシュをかけた写真ですが、かけなくても美味しいと思います。

こちらも仙草ゼリーはプルプルで、上にかかっているトッピングも調和していて、とても上品な味だと思いました。

豆花と仙草ゼリーを食べましたが、日本人に人気なのも納得です。クセがなくて食べやすく、そして美味しいのです。台湾のスイーツって安いので、2杯くらい食べたくなってしまうのが玉に瑕ですね。

個人的には仙草ゼリーは台南で食べた黒工號が一押しですが、台北では古早味豆花がとても美味しかったです。

黒工號についてはこちらの記事をご覧ください。

台南 グルメツアー ちまき、えびめし、擔仔麵!
台南へ観光に行ったのですが、あまりにも食べ物が美味しくて、観光目的のはずが徐々に食事の比重が大きくなり、最後にはグルメツアーになっていました...

台湾の朝ごはんと言えば豆乳「永和世紀豆漿大王」

台湾の朝ごはんといえば、まず思い浮かぶのが豆乳です。MRT民櫂西路駅の近くのドミトリーに泊まった次の日に、隣のMRT雙連駅まで歩いて食べに行ったのが「永和世紀豆漿大王」です。

台湾の代表的な朝食である鹹豆漿や焼餅などが食べられます。また雙連駅は駅前で朝市もしているので、帰りに朝市へ行っても面白いと思います。

行ったのは朝の10時くらいでしょうか。かなりのんびりと朝食を食べに行ったおかげか、すでに店内の混雑は緩和していました。

元気の良いおばさまの笑顔で迎えられます。

注文は指差し注文でもOKです。私たちはメモを渡されたので、そのメモに頼みたいメニューの番号を書きました。

まず頼んだのは鹹豆漿です。暖かい豆乳にお酢やラー油などで味付けしたスープです。サンラータンが好きな人は好きになる可能性が高い、酸っぱいスープです。

そして揚げパンと焼餅です。定番メニューですね。

母は「朝から揚げパンは重い」と言っていましたが、私は全く重いとは感じず、すごい勢いで食べてしまいました。軽い揚げパンですね。

卵入りの焼餅です。やっぱり焼餅には卵は欠かせないです。

持ち帰り用に熱い(甘い)豆乳ももらいました。MRTでは飲めないですが、台鐡では飲めるので、長距離移動のお供にしていました。台湾の温かい豆乳大好きです。

お値段は忘れてしまったのですが、全部で100元(1元3.8円計算で380円)くらいだったように思います。すごく安かったですね。そして美味しかったです。

朝食にオススメの美味しい肉粥 周記肉粥店

MRT龍山寺駅の近くにあるお店のおかゆがとても美味しかったので、このおかゆのお店も紹介したいと思います。

MRT龍山寺駅といえば、駅の目の前に龍山寺という有名なお寺がある駅です。龍山寺に行く前に寄っても良いと思います。

龍山寺から歩いて5分くらいの場所にあるのが、「周記肉粥店」です。

店内では英語は通じませんが、入ると注文表を渡されるので、そこに書き込めば注文できます。

上の写真が肉粥15元(1元3.8円計算で57円)です。おかゆというよりは雑炊のようなもので、日本の雑炊よりは米が少なくてスープの量が多いです。ごはん茶碗で出てきます。

このスープの出汁に焦がし玉ねぎなどが入っているのですが、味が染み出ていてとても美味しいんです。正直女性でも2〜3杯は軽くいける食べやすい味で、サラサラと食べることができます。

食べ物というよりは飲み物?と思ってしまうくらいサラーっと食べられるんです。

一緒に頼んだ紅焼肉もジューシーで美味しかったです。左側のタレにつけて食べるんですが、これがまた美味しいんですよ!朝から揚げた肉でも大丈夫という方は是非試してみてほしいです。付け合わせのショウガでさっぱりします。お値段は確か50元(1元3.8円計算で190円)だったと思います。

このお店は何気なく見つけたのですが、当たりのお店でした。また近くに行ったら食べに行きたいですね。

この周記肉粥店と駅を挟んで反対側にあるのが、原西園橋下焼餅油条です。

周記肉粥店へ行った帰りに豆漿(豆乳)を買いに寄っただけなのですが、このお店も豆漿や焼餅が美味しいらしいので、ぜひ次の機会にはお邪魔してみたいです。11時頃閉まってしまうので、朝食用のお店です。

暖かくて甘い豆漿です。常に鍋で温めてあるので、熱すぎて飲めないくらいでした。とっても美味しい豆乳だったので、オススメです。

英語が通じないですが、前に並んでいた若いお兄さんが助けてくれました。原西園橋下焼餅油条へ行く際には、注文メニューについて筆談できるようにメモ帳を持っていくことをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする